IoTゲートウェイとは?業務効率を変える注目のIT

Pocket

IoTゲートウェイが産業のIoT化を加速するシステム構築の要になってきています。本記事では、これからのIoT時代に欠かせない存在となる、IoTゲートウェイとは何か、その役割は何か?ということを、わかりやすく解説していきます。

IoTゲートウェイとは?はじめに知っておきたいこと

近年、様々な製品・サービスでIoT化が進み、多種多様なモノがインターネットに接続して情報のやり取りを行うことができるようになってきました。そんな産業のIoT化が進むなかで、情報のシームレスな送受信やIoTによって接続された機器の制御などが必要になり、欠かせないものとなってきています。そこで、データゲートウェイとして「IoT製品」とIoT製品が収集したデータの送信先である「クラウド」の2つの間に入り、主に各種動作の制御と情報の共有を担う機器こそが、IoTゲートウェイなのです。

例えば、IoT機器にはこういうモノがある。-IoT機器の種類-

IoT機器といっても、様々なカテゴリ・分野で使用されており、それぞれで用途・利用場面も変わってきます。ここでは、まず一例としてIoT機器をご紹介した上で、IoT機器が共通して持つ機能について確認します。
IoT機器は、例えば以下のようなものがあります。


①腕や指に装着して使う小型の端末で、家電などの遠隔操作や業務効率化を実現できる、「ウェアラブルデバイス」。

②複数のIDやパスワードを一元管理し、扉の施錠・解錠などを1つで行える「鍵」のIoT機器。

③気温・湿度から人の呼吸量・脈拍・機器の圧力・傾きなど、様々な情報を取得できる「センサー」

④センサーで作物の状況・環境の変化を読み取り、自動で適切な水・肥料・農薬の散布を行ってくれる農業用ロボット。

⑤ガス・電力・水道などの使用量をリアルタイムに把握可能な「スマートメータ」

⑥インターネットに映像を共有し、不正侵入防止や導線把握、顔認識などを可能とする「ネットワークカメラ」

⑦運転スキルやドライバーの心拍数、移動距離などの情報をリアルタイムに把握したり、スマホから遠隔駐車を可能とする「スマートカー」


この様に、IoT機器は様々な場面で多種多様な用途・目的をもって使われています。そんな中でも共通していることはどれも『インターネットに接続されている』という点です。これにより、IoT機器で収集されたデータは外部のクラウド等に送信され、利用者の情報、行動パターン、製品の利用場面などのデータが新たな製品開発やマーケティング活動などに活用されているのです。

IoTゲートウェイの役割

前述のようにIoT機器はインターネットに接続することで、離れた場所にあるモノを操作したり、インターネット経由で情報を受信したり、蓄積した情報を送信したりできます。これらの機能を使うにあたり重要になってくるのが、機械・モノへの指示や、情報のやり取りが如何に円滑に「シームレス」に行えるか、ということです。

シームレスとは、『繋ぎ目のないこと』を意味し、ここでいうシームレスとは、「途中で滞り無く、一貫して円滑に機器の制御やデータの送信先、システム上の情報の処理が行われている状態」のことを指します。つまり、シームレスに現場とシステムを繋ぐことができることで、業務の効率化が図れるようになるのです。更に、IoT化を実現するためには、専用の情報処理プログラムを実行する必要があります。これが1台の機器で実現されることで、産業のIoT化が促進されるのでしょう。この役割を担っているのが、IoTで収集したデータをゲートウェイとして集約しコントロールする産業用の「IoTゲートウェイ」になります。

IoTゲートウェイのビジネスにおける活躍

ここからは、少々専門的な内容をお伝えします。IoTゲートウェイが無い従来型のシステムの構成では、PLC(※1)によって産業用に使われるモーションコントローラや各種機器を制御し、PLCからコンピューターを通してMES、ERP(※2)といった情報システムに対し機器から収集したデータを届けていました。一方IoTゲートウェイを導入したシステム構成では、MES、ERPなどの情報システムと全てのIoT機器をIoTゲートウェイ1台で繋ぎ、一元管理できるようにし更にシームレスな情報のやり取りを実現しています。こうすることで、従来型での制御装置の役割を果たしていたPLCが必要なくなり、更に今まで複数のPLCで制御していたのに対してIoTゲートウェイが全ての機器の制御を行ってくれるようになります。

つまり、今までは情報システムと機器の間での制御・情報のやり取りにおいて、間にコンピューターとPLCを挟んで段階的に渡されていたデータが、IoTゲートウェイを導入する事で「シームレスに」データ連携をすることができるようになります。

※1
PLC=プログラマブルロジックコントローラ。小型のコンピューターの一種で、制御装置である。動作が通常のコンピューターと違いリレー回路を原型とした動作モデルを採用しているため、巨大な機器や装置、人を運ぶ装置などの制御に用いられており、高い安全性・安定性が求められる。

※2
MES=製造実行システム。工場内の生産ラインにリンクし、機械・労働者の作業を監視・管理するシステム。
ERP=企業資源計画。経営資源を一元管理し、それを業務組織を横断しての有効活用することで、全体の利益を最大化させるシステム。

 

IoTゲートウェイによってどのようなメリットが得られるのか

以上のようにIoTゲートウェイが導入されることで、「一元的で」「シームレスな連携」が可能となります。この2つの役割によって、獲られるメリットには次のようなものがあります。

生産効率の向上・生産工数の削減

各種機器を制御するのに複数の制御装置が必要であったが、IoTゲートウェイを導入することにより、制御を一元化することができるようになり、生産効率の向上につながります。

産業におけるIoT化を加速

従来型のシステム構成は、各種機器を追加する毎に情報システム環境が複雑化してしまいがちですが、IoTゲートウェイを導入する事でシステム構成の複雑化の解消にもつながり、各種機器のIoT化を加速することができます。

IoT機器の導入が増えるに連れ、機器の制御や機器からの情報収集は欠かせないものになるでしょう。そのような中で、IoTゲートウェイは、IoT機器と情報システムとの連携を1台でシームレスに管理し、円滑にすることで産業におけるIoT化促進への強力な基盤作りをサポートしてくれます。

終わりに

工場でIoT機器の導入が進む現在、さらなる業務の効率化によって生産性の向上を目指す上で産業のIoT化を行うためにも、IoTゲートウェイを活用したシステム構成をご検討されてみてはいかがでしょうか。また、もっとIoTゲートウェイについて知りたいという方に向け、IoTゲートウェイの製品ページを下記からご覧いただくこともできます。

IoTに求められるあらゆる環境に対応したSTB「PX-1000」
IoTに求められるあらゆる環境に対応したSTB「PX-1000」
STBは、テレビ番組の放送受信・視聴だけでなく、IoTゲートウェイやエッジコンピューティングデバイスなど、その特徴を活かした“機能特化型コンピュータ”としてあらゆる場面で活用できます。耐久性と安定性に優れ、運用・保守のトータルコストを削減できます。