IoTソリューション
導入事例集
IoTソリューション導入事例集
close

事例と進め方を解説
IoTソリューションとは

IoTソリューションとは?

IoTソリューションとは、IoT技術を用いて企業の抱えるニーズや課題を解決するソリューションです。
IoT技術により、離れた場所からモノを操作したり、状態を把握したり、
人の行動軌跡を把握したりすることができるようになりました。
こうしたIoT技術を用いたソリューションは、
様々な産業分野においても業務の効率化や生産性の向上のために活用されています。

IoTソリューションの活用事例

製造業での活用事例

製造業での活用事例
製造業においては、生産ラインの省人化・効率化のために、AI×IoT化を実現するスマートファクトリーが推進されてます。スマートファクトリー化することで工場全体の効率的な稼働が実現し、利益の最大化につながります。IoTソリューションを活用することで、工場内の全ての機器をインターネットに接続し、様々なデータを収集することが可能です。例えば、生産ラインの装備ステータスやラインでの作業状況のデータを活用することで、生産ライン従事者の作業効率向上を図ることができます。

製造業のIoT事例に関するお役立ちコラムを見る

物流施設での活用事例

物流施設での活用事例
物流業界では、配送コストの上昇の問題や、人材不足等の問題が発生しており、業務の効率化を図る必要性に迫られています。そうした中、IoT製品としてウェアラブルデバイスを活用し、ハンズフリーによるピッキング作業の効率化はもちろん、Wifi/Bruetoothにより作業者の位置情報を取得し、熟練作業者の動線を見える化することで、物流倉庫内の作業効率向上にも役立てられています。

物流業のIoT事例に関するお役立ちコラムを見る

ホテル・宿泊施設での活用事例

ホテル・宿泊施設での活用事例
外部ネットワークと家庭内・施設内におけるネットワークとを中継する「IoTゲートウェイ」機能を持ったSTBを活用することで、ホテル・旅館などの設備がIoT化できるようになりました。
この「機器制御」と「情報の一元管理」を行うことで、照明設備や空調設備、テレビ、カーテン等を、スマートフォンやAIスピーカー、ウェアラブルデバイス、タッチパネルなどのデバイスから操作することを可能にしたり、離れた場所から部屋の家電・設備の稼働状況を監視・操作することが可能です。
収集された情報はクラウドやサーバーに自動的にアップされ、全ての機器の稼働状況や状態の情報を蓄積して不備・不具合の発見や稼働の最適化などに活用されています。

ホテル・宿泊のIoT事例に関するお役立ちコラムを見る

オフィス・商業施設での活用事例

オフィス・商業施設での活用事例
企業のオフィスや商業施設においてもIoTの活用は始まっています。オフィスでの電力消費の割合は、照明・冷暖房が大半を占めてます。しかし、実際には殆ど人が存在しない空間、無駄にエアコンだけが稼働している無駄なコスト空間が多く存在しているケースがあります。
施設内のエネルギーを自動制御する IoT コントローラー を導入することで、照明やエアコン等を含めた、ビル全体のエネルギー消費を実状況に合わせ、適正値に自動制御し、エネルギー削減と共にオフィスや商業施設の空間の快適さを追求することが可能です。

店舗での活用事例

実店舗においては、慢性的な人手不足により、生産性の向上・業務の効率化などによる「働き方改革」の推進が求められています。こうした状況下の課題を解決する手段として注目を浴びているのが、IoT技術を用いた業務改革です。
IoTソリューションを用いることで、来店者のデータ収集してマーケティングに活用したり、照明・空調などの設備に様々なセンサーなどのIoT機器を設置して来店者に常に最適な環境を提供することができます。

店舗のIoT事例に関するお役立ちコラムを見る

IoTソリューション導入事例集
SIer・システム開発会社様向けホワイトペーパー
IoTソリューション導入事例集
IoT技術の活用が進む業界における当社事例をまとめた資料です。IoTソリューションを活用して新たなビジネスや製品開発をご検討中の企業様は是非ご覧ください。
無料ダウンロード

IoTソリューション導入における課題

ここまでご紹介してきた IoT をソリューションの活用事例ですが、導入する際には様々なハードルが存在します。
これら課題を乗り越えないことには導入を推進することは困難です。

導入コストの課題

IoTを導入する課題の一つは、コストの高さが挙げられます。コストの面から、なかなか実施に踏み出せていない企業様も多いのではないでしょうか。IoTを導入する場合、傾向として数千万円単位の費用が発生することも少なくありません。

人材不足・ノウハウ不足の課題

IoT 化を推進する際には、IoTに精通した人材が必要です。既存のシステムの見直しをして、IoT化を実現しようにも、人手が足りなければ進みません。しかし、IoTを推進できる人材に求められる要素は多様です。現場のビジネスに精通していることはもちろんのこと、経営方針を踏まえながら段階的にIoTを導入するといったプロジェクトマネジメントスキルも求められます。

導入・活用目的の課題

IoTの導入には、その結果として業務効率化の実現や、新たな価値を創出する商品やサービスの誕生が期待されています。しかし、いまだ本格的な普及には至っていないのが現状です。多くの企業は、その実現のためにPoC(Proof of Concept)を実施し、その後本格的に検討を進めるというステップを踏みますが、このPoCで終わってしまうケースが散見されます。また、導入自体が目的となり、導入したIoTシステムを活かしきれていないというケースも存在しています。

企業のIoT化を推進するためには

前述のような企業の導入課題をクリアしてIoT化を推進していくためにはどのような取り組みが必要かを解説いたします。

できるところから少しずつIoTへシフトする

IoT化を推進したり、クライアント企業にIoTを提案していく上では、どのような機器やソフトウェアが必要なのか?どのくらいコストがかかるのか?を明確にしていく必要があります。しかし前述の通り、企業サイドで必要性は認識していても投資費用が大きくなりぎたりするとプロジェクトが頓挫するケースも多いのが現状です。
そのため大きな費用をかけてIoT導入を推進するだけでなく、できるところから少しずつIoTへシフトさせていくという考え方で推進していくことも重要です。

常に効果を意識しつつ、「柔軟かつ確実」に前に進めていく

しかし、前述の通り「できるところからIoT化」を進めたとしても、目標とする効果が曖昧になってはプロジェクトを成功に導くことはできません。真に価値のあるIoT像を明確に描き、導入時・導入後に発生する壁を乗り越える際にも、目的をブラさずに如何にして工夫して乗り越えるかが重要です。
IoTシステム構築の登場人物が分断されている状態では、アプリ側・ハードウェア側・クラウド側など部分最適の対応に留まってしまうことも多くあります。
課題が生じた際にも、コストが膨れ上がる・納期に間に合わない等の理由で妥協に妥協を重ね、当初思い描いていたIoTシステムが実現できなくなり、結果として効果も薄い/無いものが出来上がるということに陥ってしまいます。IoT導入が目的になってしまったプロジェクトの典型ともいえます。当社は、こうした現状を解決するため設計・製造~開発~クラウドシステムまで一気通貫で担える体制を構築いたしました。
全体最適な視点でもって、当初の目的を達成するための工夫を支援することが可能です。

小ロットでも低価格で提供できる開発体制を整備する

また、小ロットでも低価格で提供できる開発体制も考える必要があります。例えば当社では、様々なプロジェクトにも利用できるよう、ソフトウェアは機能毎にモジュール化を行っています。またサプライチェーンにおける垂直統合型の体制を整えたことで、小ロットになりがちなIoTビジネスにおいてもパートナー企業様に安心して購入いただける価格に繋がっており、パートナー企業様が独自の強み・市場を形成することに貢献しております。
一般開発企業(小ロット生産)

お問合せ
IoT化推進に関してお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
045-595-9966
(平日 9:00~18:00)