「都営地下鉄施設内における案内・ 警備ロボット実証実験」の参加事業者に選定

東京都が実施する「都営地下鉄施設内における案内・警備ロボット実証実験」の参加事業者として選定されました。 実証実験の期間中、トランザスの警備ロボット「TRA-DeCA(トラデカ)」が都営地下鉄の施設内を警備・巡回いたします。 【実証実験の概要】 2020年までに社会実装が見込まれる又は既に社会実装されており、東京都が2020年までに技術・サービスの改良・改善を目指している「案内や問合せ対応等」及び「警備・警戒・見守」に資するロボットを活用した技術・サービスについて、都営地下鉄の駅における実証実験をとおし、技術の向上や活用の可能性、社会実装へ向けた課題等の検証が行われます。  実施期間 平成30年12月10日(月)から平成31年2月下旬まで(予定) 「TRA-DeCA」の実証実験実施期間は上記の内、7日間を予定しております。  実施場所 警備:大江戸線国立競技場駅、大江戸線大門駅、大江戸線新宿西口駅、新宿線馬喰横山駅  ※「都営地下鉄施設内における案内・警備ロボット実証実験」の詳細につきましては、東京都総務局情報通信企画部ホームページをご覧ください。 ニュースリリース:「都営地下鉄施設内における案内・ 警備ロボット実証実験」の参加事業者に選定

ホスピタリティ市場の人手不足解消に貢献する 「ホスピタリティロボット」完成

2018年7月より開発に着手しておりました、ホテルやレストラン等のホスピタリティ市場で人的作業を代替するホスピタリティロボットの基本モデルが完成したことを、お知らせいたします。本日より、社内での業務利用による実証実験を経て、2018年11月より最も需要が見込まれるホテルを中心に本格展開を開始いたします。ニュースリリース:トランザス、ホスピタリティ市場向けロボット完成

大京株式会社とIndustry4.0に対応した ピッキング業務向けIoTソリューションの共同開発を開始

大京株式会社(本社:石川県小松市、社長:二宮吉男)と株式会社トランザスは、ウェアラブルデバイス「Cygnus(シグナス)」及びロボットを用いたピッキング業務向けIoTソリューションの共同開発を行ってまいります。両社であらゆる工場で利用可能なピッキング業務のための標準システムの開発を目指します。ニュースリリース: トランザス、大京株式会社とIndustry4.0に対応したピッキング業務向けIoTソリューションの共同開発を開始

AIルームコントローラー初導入、ホテルのエンターテインメント性向上に寄与

ホテル運営の業務効率化とゲストの利便性向上に寄与するAIルームコントローラー「AIrux(エーアイラックス)」の東海地方のデザイナーズホテルへの導入が決定いたしました。導入は2018年8月22日を予定しており、順次導入ホテル数を増やしてまいります。「AIrux」を客室内のプロジェクターと連動させ、プロジェクターから照射される光の照度に応じ、客室内の照明を自動制御し、ゲストによる映画視聴のための快適な空間演出を可能にいたします。ニュースリリース: ホテルのIoT化を促進するトランザスのAIルームコントローラー、デザイナーズホテルで採用