ホスピタリティ市場の人手不足解消に貢献する 「ホスピタリティロボット」完成

2018年7月より開発に着手しておりました、ホテルやレストラン等のホスピタリティ市場で人的作業を代替するホスピタリティロボットの基本モデルが完成したことを、お知らせいたします。本日より、社内での業務利用による実証実験を経て、2018年11月より最も需要が見込まれるホテルを中心に本格展開を開始いたします。ニュースリリース:トランザス、ホスピタリティ市場向けロボット完成

大京株式会社とIndustry4.0に対応した ピッキング業務向けIoTソリューションの共同開発を開始

大京株式会社(本社:石川県小松市、社長:二宮吉男)と株式会社トランザスは、ウェアラブルデバイス「Cygnus(シグナス)」及びロボットを用いたピッキング業務向けIoTソリューションの共同開発を行ってまいります。両社であらゆる工場で利用可能なピッキング業務のための標準システムの開発を目指します。ニュースリリース: トランザス、大京株式会社とIndustry4.0に対応したピッキング業務向けIoTソリューションの共同開発を開始

AIルームコントローラー初導入、ホテルのエンターテインメント性向上に寄与

ホテル運営の業務効率化とゲストの利便性向上に寄与するAIルームコントローラー「AIrux(エーアイラックス)」の東海地方のデザイナーズホテルへの導入が決定いたしました。導入は2018年8月22日を予定しており、順次導入ホテル数を増やしてまいります。「AIrux」を客室内のプロジェクターと連動させ、プロジェクターから照射される光の照度に応じ、客室内の照明を自動制御し、ゲストによる映画視聴のための快適な空間演出を可能にいたします。ニュースリリース: ホテルのIoT化を促進するトランザスのAIルームコントローラー、デザイナーズホテルで採用

ホスピタリティロボットの開発に着手いたします

オムロン株式会社のロボット(LDシリーズ)をベースとし、近年の人手不足の解消のため、ホテルやレストラン等のホスピタリティ業務の無人化を目指し、ホスピタリティロボットの開発に着手することを本日決定いたしました。 当社で開発するロボットでは、 1.ホテルのルームサービス 2.ベルボーイサービス 3.清掃ワゴン運搬 4.レストランの配膳 5.オフィス受付及び会議室への案内等のサービス提供が可能になります。 24時間365日人に代わって作業を代行できるため、人手不足の解消と大幅な人件費の削減に大きく貢献する事が見込まれております。2018年11月から市場への投入を開始し、最も需要が見込まれるホテルを中心に展開を行ってまいります。 ホスピタリティロボットの開発に着手いたします

トランザス、IoTの最新情報を提供する メディアサイト「IoTターミナルLAB」をオープン

IoT及びIoTデバイスを用いたソリューションに関する事例や最新トレンドを発信するメディアサイト「IoTターミナルLAB」を本日オープンいたしました。 「IoTターミナルLAB」では、IoTコントローラー、ウェアラブルデバイス、ホームゲートウェイとして利用可能なSTB等のIoTデバイスやそれらを用いたソリューション、国内外での活用事例等を紹介してまいります。IoTに注目されているビジネスパーソン及びIoTでビジネス上の課題解決を行いたい企業様に有益な情報を発信してまいりますので、是非本サイトをご覧ください。