20

組織変更に関するお知らせ

 2019年3月13日、メイン事業のビジネスモデル転換(※)を決断し、転換後の新たなビジネスモデルに適した体制へと移行するため、組織を変更いたしました。 ※端末販売型(フロー)ビジネスからサービス提供型(ストック)ビジネスへの転換  詳細につきましては、組織変更に関するお知らせをご覧ください。

次世代デジタルサイネージ、コンテンツ配信 プラットフォーム開発完了(特許出願)のお知らせ (Magic Spotシリーズ)

 2019年3月11日、IoT市場のディスプレーコネクティビティーを加速させるソリューションとしてのMagic Spotスティックの開発が完了し、特許出願致しました。  Magic Spotスティックは既存のHDMIモニターに接続する事によりデジタルサイネージ、コンテンツ配信プラットフォームへ変化し、WiFi(IEEE802.11b/g/n)に対応しIPv4/IPv6,内蔵GPUによりパワフルな映像コンテンツの配信が可能となります。  アイデア次第では様々なサービス開発とスピーディーなサービス展開が可能となり既存のディスプレーデバイスをビジネスの収益源へと変化させます。 詳細につきましては、次世代デジタルサイネージ、コンテンツ配信プラットフォーム開発完了(特許出願)のお知らせ(Magic Spotシリーズ)をご覧ください。

セキュリティー機能搭載IoTルーター(4G LTE/WiFi 2.4/5GHz/Ethernet)開発完了のお知らせ(SecureIoT 800シリーズ)

 2019年3月6日、2020年に向けて5G/WiFi/EthernetにおけるIoT市場のコネクティビティーとセキュリティーを確立するソリューション(VPN/Firewall)として、より安全なコネクティビティーを実現する、セキュリティー機能搭載IoTルーター「Secure IoT 800シリーズ」の開発が完了しました。  IoTの様々な利用シーンとして自動販売機や路線バス、ロボット、IoT組込みシステムへのフレキシブルなシステムへの展開が可能となります。 詳細につきましては、セキュリティー機能搭載IoTルーター(4G LTE/WiFi 2.4/5GHz/Ethernet)開発完了のお知らせ(SecureIoT 800シリーズ)をご覧ください。

民泊向けオンラインチェックイン端末+スマートロック+ルームコントローラー(SH8000、AIruxシリーズ)サービス導入開始のお知らせ

2019年3月1日より安全な住宅宿泊事業法(民泊新法)に準拠した民泊向けオンラインチェックイン端末(SH8000) +スマートロック+ルームコントローラー(AIrux)の導入と運用サービスを開始しました。2020年に向けて外国人の方々のインバウンド対応として、OTAのオンライン予約サイトとの連動や多言語対応も行っており、邦人だけでなく訪日外国人への利便性も高い仕様となっております。 詳細につきましては、民泊向けオンラインチェックイン端末+スマートロック+ルームコントローラー(SH8000、AIruxシリーズ)サービス導入開始のお知らせをご覧ください。

ウェアラブルデバイス「Cygnus」を活用した 生産工程管理システムを豊臣機工の本社工場に導入

ウェアラブルデバイス「Cygnus(シグナス)」を活用した製造業向け生産工程管理システムを豊臣機工株式会社(本社:愛知県安城市、取締役社長:後呂 幸彦、以下「豊臣機工」)の本社工場に2019年1月30日導入されましたので、お知らせいたします。 詳細につきましては、「Cygnus」を活用した 生産工程管理システムを豊臣機工の本社工場に導入をご覧ください。