江ノ島神社に初詣に行ってまいりました

 江ノ島神社に初詣に行ってまいりました。

 ここ数年、お正月は日本にいない事が多い生活パターンになっておりましたが、今年は家族と共にお正月を日本で過ごしました。

 年末・年始は、誰にとっても特別なイベントだとは思いますが、私は特に年末・年始は変化へのきっかけとして大切にいたしております。以前もブログに書いた事があろうかと思いますが、私は、日々は自身の歴史シナリオの過程と思うと共に、前日までに学んだ結果からの再スタートの連続だとも思っています。
 しかし、再スタートを意識して日々過ごすのは難しく、年末・年始は現在迄の過程を感じ、再スタートするにはとても重要なイベントだとして利用しています。
 今年は温泉につかりながらこんなふうに考えておりました・・「今までの人生で自分の培ったものはなにか?」「忘れてしまっている自らの決意はないか?」「来年それを使って自分はどんなふうに新しい出発をしようか?」「新しい出発の為に持って行ってはいけない邪念はないか?」

 そして、その考えを忘れないため、何かを決意した時には自らに変化を与えています。例えば、爪を磨く習慣を始める。模様替えをする。財布を変える。などなど・・・ 今年の変化は、ここでは内緒としておきます。

 私にとっては、これらの年末の個人イベントはとても大切な自身のモチベーションに繋がり、時には古い考え方との決別としても有効に利用いたしております。

 2020、本年はトランザスにとって非常に重要な新しい船出になろうと思います。
 波は未だ高し、しかしその先には未だ見たことが無い大きな大陸が広がり、新しい素敵な歴史が始まる・・そんな年になる気がします。

 年末に、それら考えの整理を終え、新年には神奈川県の江ノ島神社に初詣に行ってまいりました。昨年も、正月明けにおみくじを引き大吉を引当て財布に一年間携帯しておりましたが、新しいおみくじへの交換です。

 木の棒が入った、多角形の木箱を振り、出てきた棒に書いてある数値を見せると、巫女さんがおみくじを手渡してくれます。引く前に自分勝手に、今年は吉が出るだろうな~本当に吉だったら良い年になる気がするな~ と思ってみた所、見事正解!49番“吉”が出てまいりました。

 「運がよくなっていますから事をおこすのはよいでしょう。しかし、何事も気をつけていったんきめたことはどこまでも進みなさい。成功します。」

 良い年になりそうです。みなさま、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。