次世代デジタルサイネージ、コンテンツ配信 プラットフォーム開発完了(特許出願)のお知らせ (Magic Spotシリーズ)

 2019年3月11日、IoT市場のディスプレーコネクティビティーを加速させるソリューションとしてのMagic Spotスティックの開発が完了し、特許出願致しました。
 Magic Spotスティックは既存のHDMIモニターに接続する事によりデジタルサイネージ、コンテンツ配信プラットフォームへ変化し、WiFi(IEEE802.11b/g/n)に対応しIPv4/IPv6,内蔵GPUによりパワフルな映像コンテンツの配信が可能となります。
 アイデア次第では様々なサービス開発とスピーディーなサービス展開が可能となり既存のディスプレーデバイスをビジネスの収益源へと変化させます。

詳細につきましては、次世代デジタルサイネージ、コンテンツ配信プラットフォーム開発完了(特許出願)のお知らせ(Magic Spotシリーズ)をご覧ください。