「都営地下鉄施設内における案内・ 警備ロボット実証実験」の参加事業者に選定

東京都が実施する「都営地下鉄施設内における案内・警備ロボット実証実験」の参加事業者として選定されました。
実証実験の期間中、トランザスの警備ロボット「TRA-DeCA(トラデカ)」が都営地下鉄の施設内を警備・巡回いたします。

【実証実験の概要】
2020年までに社会実装が見込まれる又は既に社会実装されており、東京都が2020年までに技術・サービスの改良・改善を目指している「案内や問合せ対応等」及び「警備・警戒・見守」に資するロボットを活用した技術・サービスについて、都営地下鉄の駅における実証実験をとおし、技術の向上や活用の可能性、社会実装へ向けた課題等の検証が行われます。

 実施期間
 平成30年12月10日(月)から平成31年2月下旬まで(予定)
 「TRA-DeCA」の実証実験実施期間は上記の内、7日間を予定しております。

 実施場所
 警備:大江戸線国立競技場駅、大江戸線大門駅、大江戸線新宿西口駅、新宿線馬喰横山駅
 ※「都営地下鉄施設内における案内・警備ロボット実証実験」の詳細につきましては、東京都総務局情報通信企画部ホームページをご覧ください。


ニュースリリース:「都営地下鉄施設内における案内・ 警備ロボット実証実験」の参加事業者に選定